1. TOP
  2. サポート情報
  3. ユーザー紹介
  4. はるみクリニック

ユーザー紹介

はるみクリニック 〜埼玉県八潮市〜

中山院長

院長 中山 晴美 先生

フレスポ外観

フレスポ八潮・外観

クリニックモール入り口

クリニックモール エントランス

クリニック受付

クリニック受付

治療場所

キセノン治療器&治療室

医療法人 美登会 はるみクリニック

〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬822-1 フレスポ八潮2F
TEL 048-994-5510
FAX 048-994-5520
最寄駅 つくばエクスプレス(TX)八潮駅
クリニックURL  http://www.harumi-cl.com/

つくばエキスプレス開通により、都市化が進む八潮市大瀬地区・大型ショッピングモール内の メディカルモールで開業する“はるみクリニック”でのキセノン治療器の活用状況を紹介したい。
2年前にペインクリニック・整形外科を標榜して開業。現在、神経ブロックやキセノン治療器による痛み の治療を中心に漢方薬治療、さらにはアンチエイジングに至るまでの幅広い診療を行い、地域医療の 充実を目指している。

中山晴美院長によるキセノン治療感想

「治療効果がすぐに実感できるからいい。患者さんの治療後の評価が高いのも見逃せない。 『痛い』といって来院した患者さんが治療して帰る時には『痛みが軽くなった』といって帰って 行く。約10分程の治療で、侵襲も少なく大きな合併症や副作用もなく、確実な治療効果が得 られている。ここでの治療はキセノン治療の単独施行もあるが、内服薬や他の治療方法と の併用も行っている。私たち医師にとって何よりも安全に治療ができて、患者さんに対する効 果や満足感が実感できるところがいい」

理学的治療器はキセノン“のみ”

「一つにはスペースの関係で色々な器械を置く余裕がないこと。また、神経ブロックなども 行っているため、場合によっては2時間近くベッドを占有されてしまうので、1日で診療できる患 者さんの数も限られ、いろいろな器械を組み入れた治療メニューにも限界がある。キセノン治 療器は、1台で光線治療、温熱治療、通電治療の3種類の理学的治療が可能であるため、 応用の幅が広く、また使いやすいというメリットもある。いろいろな単機能の器械を導入して、 私やスタッフがそれぞれの操作方法を覚えるよりは、複合機器1台の操作を覚えるほうが合 理的であろうと考え採用した。今、患者さんからの要望の多さと待ち時間の短縮を期待して、 キセノンは2台でフル稼働しているが、それでも順番待ちになることもある」

はるみクリニックの特色〜クリニックポリシー〜

「基本的な標榜科のほかに“漢方外来”、“アンチエイジング外来”を打ちだし、一人ひとりの 患者様の声を受け止めて、身近な病気や痛み・悩みを解決するための最適な方法を提案する」

漢方外来

漢方治療に興味を持ったのは勤務医時代。当時は漢方薬の他に鍼治療も行って いたそうだが、クリニックでは漢方薬オンリーである。 「漢方薬治療の醍醐味として、主症状の軽快もそうだが、他の身体の不調も同時に軽快するところがとてもいい。人の自然治癒力を昂揚させ、ホメオスタシスの向上が計れる」と漢方医療にも高い関心を示していた。

アンチエイジング外来

女性の願い…美の追求は永遠のテーマであり、近年では大学病院などでも特殊外 来として設置 しているところもある。開業的なスタンスとしてはるみクリニックでは、ダイエットと美肌、脱毛 治療を行っている。「ダイエットのプログラムの中にキセノン治療を 取り入れている。痩せたい部分にキセノン光を照射し、局所の新陳代謝を活発にすることを目的と している。内服薬の使用や食生活の指導などと併せて行っているが、本人の意志の問題もあり、効果 判定は今後の課題になっている」とキセノン治療の美容への成果の期待を持っている。
痛みの治療のほか、美容分野にも力を入れる「はるみクリニック」。幅広い治療を実践し、より多くの 患者さんの満足度を最優先する。痛みの治療で定評のキセノン治療器も、ダイエットへの利用で、 更なる広がりの機運が高まることだろう。